セキュリティ・構造

安心と安全をガードするセキュリティシステム。

風除室からエレベーターホール、
各住戸まで細部に目を行き届かせる
安心の「オートロックシステム」
エントランスにはオートロックシステムを採用。住戸内のカラーモニターインターホンで来訪者を映像と音声で確認した後、解錠します。録音機能もついています。
万全の24時間セキュリティシステム
インターホン設備と連動し、専有部の異常を遠隔監視するシステムです。共用部においては、自火報受信盤及び設備警報盤等と連動し、24時間態勢で監視しています。

両手がふさがっていてもらくらく解錠 先進のTebraキー

マンション内への入口ドアは、キーを差したりかざさずにTebraキーをポケットやバッグに入れたままリーダの前に立っていただくと認証し解錠します。

Tebraキー以外にもキーヘッドをリーダにかざすだけで解錠する非接触キーにも対応しています。

エレベーター内監視モニター
エレベーター内に設置した防犯カメラの映像は、1階エレベーターホールのカラーモニターに映し出され、内部の様子を確認できるため、防犯効果も高まります。
防犯カメラ
人の目がゆき届きにくい死角や敷地内入口に防犯カメラを設置。防犯効果を高めるとともに、画像は録画され、一定期間保存され万一の場合に対応します。
カラーモニター付インターホン
来訪者を映像と音声で確認できる住戸内カラーモニター付インターホンには、録音機能もついており、不在時にも来客を音声で記録できます。
F22シリンダー
各住戸の玄関ドアには約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製が極めて困難なF22シリンダーを採用。キーはリバーシブルで使いやすいスティックタイプのディンプルキーです。
鎌式デッドボルト
バールこじ開けに強い鎌式デッドボルト。鎌状にせり出してくるデッドボルトがストライク部にがっちりとかみ合い、こじ開けにくい構造となっています。

永住への想いを確かなカタチにした基本構造。

N値50以上の支持層へ拡底杭を打ち込んだ
強固な杭基礎構造
ボーリングによる地質調査の結果、地下約14m以深にN値50以上の堅固な層があることを確認しています。「エールヴィータ大町駅前」では、この層を支持層とした杭基礎構造を採用しています。
劣化しにくい、高強度コンクリートを採用

大きな力がかかる下層部分(5階まで)には最大36N/mm²の高強度コンクリートを使用。地震の際に柱や壁にかかる圧縮力や水平力に強く、頑強な建物です。また、高強度コンクリートは固化するとたいへん緻密な組織となり、劣化しにくく、内部の鉄筋も錆びにくくなります。

コンクリートの劣化を防ぐ水セメント比55%以下
コンクリートの劣化を低減するために、セメントの重量に対して水の重量の割合を55%以下に設定。水セメント比は小さいほど強度が上がり耐久性もアップします。
拘束性の高い溶接閉鎖型帯筋
コンクリート柱内に配される鉄筋には、縦方向に伸びる主筋とそれを拘束する帯筋とがあります。帯筋がしっかりと主筋を拘束することで、地震などの影響によるコンクリートの損傷が防止されます。従来は帯筋を止めるのにフックをつけて行っていましたが、溶接によって閉鎖する方法を採用(一部除く)。揺れに対しても粘り強さを発揮するようにしました。
二重天井
天井に、コンクリートスラブとの空間を設けた二重天井構造を採用。遮音性・断熱性に優れています。
断熱性に十分に考慮した
構造・躯体
外壁の内側には断熱材を吹き付け、空気層を挟んで厚さ約9.5㎜のプラスターボードを貼っています。
防音性に優れた戸境壁
住戸間の戸境壁は鉄筋コンクリート造とし、厚さは約200㎜~250㎜を基本としています。これにより高い遮音性能を実現、隣戸への音の伝わりを抑えています。
遮音壁による水廻りの
遮音対策
水廻りに接する居室の壁には、厚さ約9.5㎜のプラスターボードとグラスウールで、遮音性を高めています。
パイプスペースの遮音対策
住戸内に設置される汚水、雑排水などの堅排水管を遮音対策するとともに、居室に面する壁をプラスターボードにし、排水音に配慮しています。
下地補強
将来の安全性に考慮し、上框部、南面バルコニーへの出口、バスルーム入口の壁面には手摺を取り付けられるよう、下地補強を施しています。
断熱性を高めて結露を
軽減する複層ガラス
住戸のサッシにはすべて一般的な単板ガラスよりも断熱性に優れた複層ガラスを採用しています。
住宅瑕疵担保責任保険
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく、住宅の主要構造部分の10年間の瑕疵担保責任の範囲が対象となり、建物の補修や損害賠償金支払いが履行されるよう、住宅瑕疵担保責任保険に加入しています。
  • 掲載の完成予想図は図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合があります。

画面上に戻る ▲